髪の毛を増やす

髪の毛を増やす方法

■ 頭皮からの警告に気がついていますか?

最近、抜け毛の量が増えた・・・
髪の毛が少し細くなった・・・
髪にハリやコシがなくなってきた・・・


そんな症状は、頭皮が不健康な状態にあるという警告です。

警告

そのまま何も対策をせずに経過していくと、髪の毛はさらに弱り、抜け毛は増えて薄毛は進行していきます。


髪の毛を増やすには、まず抜け毛を減らすことが大切です。

髪は一定のサイクルで、生えては抜けてを繰り返しています。(生まれて、成長し、衰えていき、最後に抜けていく。)

なんらかのトラブルがあると、そのサイクルより早く毛が抜け落ちてしまうことで髪の毛の総本数が徐々に減っていくのです。

まずは、その寿命を全うする前に抜けてしまう毛の一生をきちんと全うさせてあげること、長生きさせてあげることが大切です。

■ 抜け毛を甘く見ていると悪循環に陥ります

抜け毛が増え髪が少なくなってくると、徐々に日々の日常生活へも支障をきたしてきます。


例えば、毎朝の髪型もなかなか決まりにくくなったり、日中髪のことが気になるようになってきます。

さらに薄毛になると自分の容姿に自信が持てなくなってきて消極的になり、周りの目を過剰に気にするようになり、ストレスも増えてイライラも増えて............と、まさに悪循環の始まりです。

ストレス

■ まずは髪の土壌である頭皮を健康にする!

頭皮が健康でなかったら、どんなことをしても髪の毛は強く健康に育ちません。そして、不健康な状態が続くと、寿命を全うする前に抜けてしまう毛しか生えなくなります。

不健康な状態とは、頭皮に皮脂が詰まっていたり、硬く血行が悪くなっている状態です。そういう状態の時に、いくら育毛対策をしても効果は出ません。

どんな植物でも土壌が干涸びていたり、荒れていてはまともに育ちません。せっかく生えても健康に育ちません。

その荒れた状態をそのまま放っておいたら、頭皮の状態はさらに悪化し、髪にハリやコシがなくなり、抜け毛はさらに増えるようになります。


まず行うべき、最善の薄毛対策というのは、まだ手遅れにならないうちにできるだけ早く対策をしていくということです。

■ まずは、頭皮の血行をよくすること

頭皮マッサージをしながら栄養を与えると、血行が良くなります。そこで初めて、髪に必要な栄養が髪の毛に十分行き渡るようになり、抜け毛も減るのです。

そうして、弱って細くなっていた毛も健康に育つようになり、コシとハリのある太い髪の毛が生える状態になります。


薄毛の人はとにかく頭皮が硬い人が多いのです。作物を作るには畑をよく耕してあげないといけないように健康な髪を作るには、頭皮を柔らかくして栄養がきちんと行き渡るようにする必要があります。


つまり、頭皮を柔らかくして血流をよくし、いい状態にして栄養となる育毛剤を塗布するということが効果的な育毛対策と言えます。その結果として、頭皮も健康になり元気な髪が生えてくる環境になります。


また、ひとくちに育毛剤と言っても、薄毛の種類によって効く成分というのも違います。

■ 育毛剤はどれでもよいわけではない



育毛剤を使用する際は、ちゃんと自分の薄毛のタイプに合わせて選ぶことが大切です。

金額やなんとなくの雰囲気で選んでも効果は見込めません。

また、女性が男性用の育毛剤を使用すると強い副作用が出る場合もありますので、注意してください。

uo
U型の薄毛に効く育毛剤を見る


m type
M型の薄毛に効く育毛剤を見る


uo
O型の薄毛に効く育毛剤を見る


女性タイプ
女性の薄毛に効く育毛剤を見る



■シャンプーはちゃんと選んでいますか?

  シャンプー

抜け毛が気になる、髪の毛が細くなってきた、髪の毛を元気にしたいという人は、いま自分の使っているシャンプーをチェックしてください。

※チェックするのは、裏面に記載してある原料と金額の2つ

ドラッグストアなどで600ml程度で数百円のモノで、材料原価的に良いモノなどまずありえません。

そういった低価格帯のものは『ラウレス/ラウリル硫酸Na』などのAES系界面活性剤といわれるもので、これは石油製品をつくったときの産業廃棄物のようなものなのです。

当然、頭皮によいはずがありません。極端なことを言うと、そういったものを毎日使い続ける負担を考えたら、お湯だけで洗った方がよいと言えます。


髪や頭皮を健全な状態にしたいのなら、まずシャンプーはしっかりと厳選をしてください。

毎日使うシャンプーだからこそ、気を使う必要があります。

できればアミノ酸系のシャンプーを使うことをおすすめします。なぜそういったものの方が良いのかというと、圧倒的に肌にやさしく負担が少ないのです。 汚れは取りつつも、髪や頭皮に必要な程度の皮脂や潤いは適度に残してくれるのです。

無添加やアミノ酸シャンプー以外の安価なものは洗浄力も刺激も強すぎて、必要以上に皮脂を取り過ぎるのです。

男性用の無添加のアミノ酸シャンプーを見る

女性用の無添加のアミノ酸シャンプーを見る


皮脂の取り過ぎは潤いがなくなり頭皮が乾燥します。

皮脂が無くなり乾燥すると人間の身体はそれを補おうとし、自らが皮脂を分泌するように命令します。そうなると皮脂が過剰に出るようにり、抜け毛に繋がりるのです。

ですから、必要以上の皮脂の取り過ぎは良くないのです。  

抜け毛を減らして、髪の毛を増やす・太くするには、なによりもまず頭皮が健康な状態であることが一番大切です。


◆シャンプーをする際の注意点

1.シャンプーを行う際に重要なのは、力を入れてゴシゴシ擦らないこと

2.そしてすすぎをしっかりとおこなうことです。

シャンプーのすすぎ残しは皮脂の分泌を増やし抜け毛につながります!

■体の内側から効果的な栄養素を摂取する方法

シャンプー

体の外側からの刺激だけでなく、体の内側から髪の毛に良い成分を摂ることは効果的です。

アミノ酸や亜鉛、ビタミン、ノコギリヤシなどの効果的な栄養素を効率よく日常的に摂ることで、丈夫で健康的な髪が生えるようにり抜け毛も減らすことができます。

サプリメントは、簡単に続けやすいということも大きなメリットです。

育毛サプリメントを見る

あなたの印象は初対面で決まる?


薄毛の悩み

「第一印象は10秒で決定し、その後の関係性を大きく左右する」と言われています。

人は、とくに視覚からの情報に重きを置きます。なんと五感全体のうち85%以上は視覚から情報を得るのです。

人は見た目じゃないという人もいるかもしれませんが、大半の人は知らず知らず見た目の情報からその人をイメージづけしているのです。


意識をしていなくても、最初に無意識に選別しているのです。


とりあえずは、初対面での自分の見た目に清潔感を持たせるということが、相手の潜在意識に好印象を植え付ける強力な効果をもたらすということを覚えておきましょう。


その逆で、初対面で相手から清潔感がない印象を持たれてしまうと、そのあとにいくらアプローチをしても意味がないということです。

抜け毛を量だけで判断しない

やせ衰えた頭皮や毛穴が良くなってくると、一時的に抜け毛が増えたりすることも多々あります。

頭皮・毛穴の良い状態での抜け毛の増加は良い傾向です。

何故なら毛は抜けないと次に生えてきませんし、次に生える為に抜けるからです。抜け毛の数の多い少ないを「風邪」に例えると、「咳き込む」や「熱がでる 」等の「風邪の諸症状」と同じです。

「風邪の諸症状」が収まっても「風邪」が治っていないと同じく、抜け毛を減らしても薄毛は解消しないのです。髪の毛を増やすには我慢の時期というのも必要です。

また、抜け毛の気にし過ぎはストレスになり、よくありません。それでは、髪を増やすどころかどんどん状況は悪化してしまいます。
リラックスをして、元気に髪が生えるイメージをもちましょう!



頭髪をウィキペディアで見る

髪の毛を増やす方法トップへ戻る