髪の毛を増やす

髪の毛を増やす方法

■ 頭皮からの警告に気がついていますか?

最近、抜け毛の量が増えた・・・
髪の毛が少し細くなった・・・
髪にハリやコシがない・・・


そんな症状は、頭皮が不健康な状態にあるという警告です。

警告
そのまま何も対策をせずに経過していくと、髪はさらに弱り、抜け毛は増えて薄毛は進行していきます。

■ 髪の毛を増やすとはどういうことか?

具体的に、髪の毛を増やすということは、

1に抜け毛を減らす、
2に新しい髪の毛を生やす、
3に今ある髪の毛を太く強くする ということです。

の抜け毛を減らすということは、髪の毛が生えてから抜けるまでの期間を長くすること、つまり髪の毛の寿命を全うさせてあげるということです。

髪の毛を早死にさせずに、健康に長生きさせてあげること。
髪の毛は1本1本がそれぞれヘアサイクルという周期で一生を終えます。(男性は3−5年、女性は4−6年)全ての髪がなるべく限界まで抜けなくさせてあげるということです。


の新しい髪を生やすということは、これから新しい髪を生やすということではありません。人間の毛穴の数は決まっていて、増えることはありません。

すでに生えてこなくなった毛根からまた髪が生えてくるようにするということです。

髪の毛はかつて生えていた髪が、一度生えてこなくなったからといって、その毛根の内部の毛乳頭が死んでいるというわけではないのです。

それらの中には、毛穴が脂でふさがって詰まっていて、新しい毛が生えにくい環境になっているものが多いのです。髪の毛が減るというのは、それがどんどん悪化しているという状態です。


の今ある髪の毛を強くするというのは、1の抜け毛を減らすということと似ています。

今ある髪を健康にすることで、寿命まで全うし、太くなることで全体のボリュームが増すということです。


■ まずは髪の土壌である頭皮を健康にする!

頭皮が健康でなかったら、どんなことをしても髪の毛は強く健康に育ちません。

頭皮に皮脂が詰まっていたり、硬く血行が悪くなっているといくら育毛対策をしても効果が現れにくいのです。

どんな植物でも土壌が干涸びていたり、荒れていてはまともに育ちません。せっかく生えても健康に育ちません。

その荒れた状態をそのまま放っておいたら、頭皮の状態はさらに悪化し、髪にハリやコシがなくなり、抜け毛はさらに増えるようになります。


実際そうなってくると、徐々に日々の日常生活へも支障をきたしてきます。


例えば、毎朝の髪型もなかなか決まりにくくなったり、1日中髪のことが気になったり、さらに薄毛になると自分の容姿に自信が持てなくなってきて周りの目を過剰に気にするようになり、ストレスも増えてイライラも増えて............と、まさに悪循環の始まりです。


最善の薄毛対策というのは、まだ手遅れにならないうちにできるだけ早く対策をしていくことが何より大切です。

薄毛の悩み

■ 健康に髪にするには頭皮の血行を良することが重要

頭皮の血行が良くなると栄養が髪の毛に十分行き渡り、抜け毛も減ります。

そして、弱って細くなっていた毛も健康でコシとハリのある太い髪の毛が生えやすくなります。


薄毛の人は頭皮が硬い人が多いのです。作物を作るには畑をよく耕してあげないといけないように健康な髪を作るには、頭皮を柔らかくして栄養をあげないといけません。


頭皮を柔らかくして血流をよくし、栄養となる育毛剤を塗布するということで頭皮も健康になり元気な髪が生えてくる環境になります。

また、ひとくちに育毛剤と言っても、薄毛の種類によって効く成分というのも違います。


育毛剤を使用する際は、自分の薄毛のタイプに合わせて選ぶようにしましょう。

金額やなんとなくの雰囲気で選んでしまうと、効果が出ない場合があります。

また、女性が男性用の育毛剤を使用すると強い副作用が出る場合もありますので、注意してください。


uo

U型・O型の薄毛に効く育毛剤を見る


m type
M型の薄毛に効く育毛剤を見る

女性タイプ
女性の薄毛に効く育毛剤を見る


■シャンプーはちゃんと選んでいますか?

  シャンプー
抜け毛が気になる、髪の毛が細くなってきた、髪の毛を元気にしたいという人は、いま自分の使っているシャンプーをチェックしてください。

※チェックするのは、裏面に記載してある原料と金額の2つ

ドラッグストアなどで600ml程度で数百円のモノで、材料原価的に良いモノなどまずありえません。

そういった低価格帯のものは『ラウレス/ラウリル硫酸Na』などのAES系界面活性剤といわれるもので、これは石油製品をつくったときの産業廃棄物のようなものなのです。

当然、頭皮によいはずがありません。極端なことを言うと、そういったものを毎日使い続ける負担を考えたら、お湯だけで洗った方がよいと言えます。


髪や頭皮を健全な状態にしたいのなら、まずシャンプーはしっかりと厳選をしてください。

毎日使うシャンプーだからこそ、気を使う必要があります。

できればアミノ酸系のシャンプーを使うことをおすすめします。なぜそういったものの方が良いのかというと、圧倒的に肌にやさしく負担が少ないのです。 汚れは取りつつも、髪や頭皮に必要な程度の皮脂や潤いは適度に残してくれるのです。

無添加やアミノ酸シャンプー以外の安価なものは洗浄力も刺激も強すぎて、必要以上に皮脂を取り過ぎるのです。


男性用の無添加のアミノ酸シャンプーを見る

女性用の無添加のアミノ酸シャンプーを見る



皮脂の取り過ぎは潤いがなくなり頭皮が乾燥します。

皮脂が無くなり乾燥すると人間の身体はそれを補おうとし、自らが皮脂を分泌するように命令します。そうなると皮脂が過剰に出るようにり、抜け毛に繋がりるのです。

ですから、必要以上の皮脂の取り過ぎは良くないのです。  

抜け毛を減らして、髪の毛を増やす・太くするには、なによりもまず頭皮が健康な状態であることが一番大切です。


◆シャンプーをする際の注意点

1.シャンプーを行う際に重要なのは、力を入れてゴシゴシ擦らないこと

2.そしてすすぎをしっかりとおこなうことです。

シャンプーのすすぎ残しは皮脂の分泌を増やし抜け毛につながります!


体の内から髪を太く育てる栄養を摂取する

髪の毛を健康に育てる良い食事とは、基本的に野菜や魚を中心にし、大豆などの良質なタンパク質や多種のビタミン、アミノ酸等を意識的に多く摂るようにすることです。

忙しい人や食事が偏りがちな人は、飲むだけで髪に良い栄養素を摂取できるのでサプリメントに頼るのもよい方法です。

髪の毛に良いサプリメントを見る


抜け毛を量だけで判断しない

やせ衰えた頭皮や毛穴が良くなってくると、一時的に抜け毛が増えたりすることも多々あります。

頭皮・毛穴の良い状態での抜け毛の増加は良い傾向です。

何故なら毛は抜けないと次に生えてきませんし、次に生える為に抜けるからです。抜け毛の数の多い少ないを「風邪」に例えると、「咳き込む」や「熱がでる 」等の「風邪の諸症状」と同じです。

「風邪の諸症状」が収まっても「風邪」が治っていないと同じく、抜け毛を減らしても薄毛は解消しないのです。髪の毛を増やすには我慢の時期というのも必要です。

また、抜け毛の気にし過ぎはストレスになり、よくありません。それでは、髪を増やすどころかどんどん状況は悪化してしまいます。
リラックスをして、元気に髪が生えるイメージをもちましょう!

薄毛チェックの20項目を見る


管理人はCHAP UPを使用中!体験レポートはこちら!


★ 育毛剤体験レポート★管理人はCHAP UPを使用中!

体験レポート

【アンケート巷の声】髪の薄い人ってどう思いますか?

アンケート

28歳 女性 アパレル勤務の場合

職場の上司に髪の毛の薄い方がいます。

前髪のボリュームが無く後ろの方から無理矢理持ってくるような形でセットされており、ワックスの使い過ぎでベタベタしたような仕上がりなので見た目は不自然です。

目を見て会話をしようとしても無意識に視線が上へずれてしまい気まずい思いをします。

しかし本人は薄毛を気にしているようで一日に何度も鏡を確認しているので触れる訳にもいかず、仕事柄容姿には人一倍気遣うよう研修を受けている女性陣からは大変不評です。

ワックス等も度を越えた量の使用は髪の毛や頭皮によくなさそうですし、益々抜け毛が増えるだけなのではと要らぬ心配をしてしまいます。

結果的に仕上がる見た目も決して褒められたものではありませんし、不衛生な印象を与えてしまっては何の意味もありません。本人の努力が裏目に出ていると感じてしまいます。

薄毛で魅力的な男性が居るのも事実ですが、それをコンプレックスに感じているのであれば誤魔化すよりもまず先に育毛という方向で努力をしてみてはどうだろうと考えます。

髪の毛は一生ものですから、薄毛で悩まされているのであれば尚更後の事も考えてケアしてもらいたいものです。



38歳 女性 主婦の場合

今まで出会ってきた男性の中で、薄毛の人は何人か存在します。
薄いのを隠そうとして髪型が不自然な男性もいましたし、潔く坊主にしている男性も。

薄毛、という共通点があっても、人それぞれ印象は大きく異なります。

個人的には、隠そうとしない人のほうが好きですね。

でも隠したい気持ちはわからなくもないので、隠す=ダメなこととは思いません。

髪をこざっぱりとさせ、服装や肌に「清潔感」さえ感じられればそれでいいというか、薄い髪の毛が魅力になっている、味になっている男性も中にはいるので、そんなに気にはなりません。

そりゃまぁ、ふさふさに生えていたほうがいいに越したことはありませんし、本人が育毛に力を入れるのであれば、応援しちゃいます。

ただ、一緒に暮らすのであれば実は抜け毛って重要なんだな、と。そんな風に感じました。たかが抜け毛、されど抜け毛、です。

髪の毛って自分のも含めてそうなんですが、やっぱり落ちていると「汚い」んですね。薄毛の男性や薄毛傾向の男性は髪の毛がたくさん抜けるので、その点では不利と言うか。

頻繁に床の掃除をしないと毛が落ちてたりするので、モヤッとくるし嫌だなと感じました。

しかも薄毛の男性って体毛が濃いことが多くて、男の人って、体毛も結構生活の中でいっぱい抜け落ちているんですよね。

コロコロを何度もかけないといけなくて、憂鬱な気分になります。かけてもかけてもあの少し縮れた毛が落ちているんですから・・・。

そういう意味で考えると、やっぱり薄毛じゃないほうがいいのかななんて考えてしまいます。

一緒に暮らすには確実にマイナスですね。実際に結婚してからわかった出来事でした。




39歳 女性 主婦の場合

女性でも薄毛がコンプレックスな方って結構いますよね。私の周りにも数人います。

ジロジロ見るのは失礼なので見てはいけない、とは思いつつも、つい自然と目が髪の毛の辺りを見てしまいがちです。

実際に義理の母が頭皮がハッキリ見えるレベルのかなりの薄毛なんですが・・・さすがになにも言えませんね。

抜け毛が多いというわけではないようですが、年齢の割りにすごく薄いほうです。

とりあえずタバコをやめればいいのに、なんて内心思ってはいますが言えません。

タバコは・・・血流が悪くなりますからね。きっと薄毛によくないと思うのですが言えません。

そんな義母ですが、私たちの結婚式の際は、ふりかけ的なものをつけて列席してくれました。

本人もやっぱり気にしているんだな、というのと、息子(私の夫)のために気を遣ってくれたんだなと感じました。

実の母ならば、育毛剤とかプレゼントしたいところなんですけど、今の時点ではそこまで仲良しでもないので、それもできません。

男性の薄毛以上に女性の薄毛はデリケートな問題だと思うので・・・なかなか難しいですね。

ちなみに、義母には3人の息子がいるのですが、息子たちは義母の薄毛をあまり気にしていないようです。



髪の毛を増やす方法トップへ戻る


女性育毛剤口コミ 人気ベスト 10


髪の毛についてウィキペディアで見る