髪の毛を増やす

秋に増えた抜け毛の原因と改善方法|秋の抜け毛を減らす4つの対策

症状1

「秋になって抜け毛がすごく増えた・・・」

症状2

「近ごろ髪のボリュームがなくなった・・・」

症状3

「すぐに抜け毛を減らしたい」

秋になり急に抜け毛の量が増えてびっくりする人はたくさんいます。

秋の抜け毛をそのまま放っておくと、抜け毛はどんどん増えて深刻な状態になることもあります。
何より大事なのはできるだけ早い段階できちんと対策をしてあげることです。

このページでは秋の抜け毛の原因と効果的な抜け毛を減らす方法をまとめています。

なぜ秋になると抜け毛が増える?

秋の抜け毛
秋に抜け毛が増えるのには主に4つの原因があります。

1、紫外線によるダメージ
2、汗や汚れによる毛穴の詰まりと皮脂の過剰分泌
3、冷房による頭皮の乾燥
4、夏の暑さによる代謝の悪化

秋の抜け毛の原因になるこれらを順番に解説していきます。

その1、紫外線による影響

紫外線
5月~8月というのは紫外線がとても強い季節です。
紫外線は頭皮や髪の毛にたくさんの悪影響を及ぼしますが、そのダメージの蓄積の影響が出るのが秋なのです。

・紫外線を浴びると肌のコラーゲンが破壊され「光老化」によって頭皮が劣化する
・紫外線を浴びると頭皮が炎症を起こし、髪の毛を作る毛母細胞がダメージを受けその機能が正常に働かなくなる。
・紫外線を浴びると肌を守る角質層がダメージを受け水分がなくなり乾燥する。


その2、汗や汚れによる毛穴の詰まりと皮脂の過剰分泌

頭皮に汗

夏にはたくさんの汗をかきます。そして頭皮にも汗をかきますが、それを長時間放置しておくと頭皮には雑菌が繁殖します。

さらに毛穴に汚れがつまり皮脂を過剰分泌させる原因にもなります。
こまめに洗髪をして清潔を保っていれば良いのですが、それができないと毛穴に汚れや雑菌がたまることでどんどんダメージとなります。その蓄積されたダメージが秋口に一気に抜け毛として出てきます。

また、シャンプーによる洗髪のしすぎというのもよくありません。シャンプーのしすぎは皮脂の取りすぎになります。

皮脂というのは溜まりすぎるのはよくありませんが、逆に取りすぎも乾燥してしまうのでよくありません。皮脂は髪が健康に成長するのにはある程度必要なものです。



その3、冷房による頭皮の乾燥

エアコン

夏のエアコンの冷房というのはとても空気がとても乾燥し、頭皮も乾燥しやすくなります。
まして1日中エアコンをつけっぱなしのような環境が毎日続くとそのダメージが蓄積されて抜け毛につながります。

その4、暑さによる代謝の悪化

夏バテ

夏は暑さから冷たい飲み物や食べ物を摂りがちだったり、夏バテの食欲不振におちいりがちです。
また、薄着になる機会が多いため、ダイエットをする女性もたくさんいます。

冷たいものの摂りすぎ、また夏バテやダイエットなどでの栄養不足というのは髪の成長に必要な栄養素も不足してしまいます。
栄養不足が続くと当然カラダや髪にも影響を与えその結果、髪が弱り抜け毛につながります。

秋の抜け毛の原因は複数

これらの複数の要素が重なることで秋になると抜け毛が一気に増えるのです。

抜け毛が生じている状態というのは頭皮や髪が悲鳴を上げている状態です。 できるだけ早く頭皮と髪のケアをしてあげましょう。



秋の抜け毛を減らす方法

抜け毛を減らす
夏のダメージによる効果的な抜け毛対策は次の方法があります。

1、肌に優しいシャンプーを使用する
2、育毛剤で弱った頭皮を健康にする
3、トリートメントで髪に栄養を与える
4、病院で治療をする

上から順番に解説していきます。

その1、肌に優しいシャンプーを使用する

シャンプー

秋の抜け毛が増えるのは、髪の毛も頭皮も弱り果てて不健康な状態の表れです。

頭皮がダメージを受けて傷んでいたり、乾燥して皮脂が過剰分泌になっていることがほとんどです。
そこへ刺激が強く洗浄力も強力なシャンプーを使用してしまうと、状態をさらに悪化させてしまうことにもなります。

とくにドラッグストアーなどで安価で売れられいるシャンプーの多くは『ラウレス/ラウリル硫酸Na』などのAES系界面活性剤といわれるもので作られていることが多いのです。

これは食器洗い洗剤などにも使われている石油製品をつくったときの産業廃棄物のようなものです。

洗浄力が強すぎて汚れや必要な皮脂までも根こそぎ取ってしまいます。

ポイント

『ラウレス/ラウリル硫酸Na』が入っているシャンプーは避けましょう。

頭皮が弱っていたり、育毛を意識する場合にはできるだけ肌に優しいアミノ酸シャンプーを使用しましょう。



→男性用アミノ酸シャンプーはこちら

→女性用アミノ酸シャンプーはこちら


その2、育毛剤で弱った頭皮を健康にする

育毛剤

夏のさまざまなダメージで影響を受けた頭皮の健康状態は最悪のコンディションです。
弱った土壌では健康な髪の毛は生えてきません。生えてきても健康に育たずすぐに抜けてしまいます。

弱った頭皮を健康にするには、効率よく直接頭皮に栄養を与える育毛剤の使用が効果的です。

ただし、育毛剤は自分のタイプに合わせて選ぶようにしましょう。

※女性は女性用の育毛剤がありますのでそちらを使用しましょう。中でもオススメは皮膚科の医師が推奨しているものなどです。



薄毛タイプ

皮膚医と共同開発で生まれた女性用育毛剤はこちら

U型・O型の薄毛に効く育毛剤はこちら

M型の薄毛に効く育毛剤はこちら


その3、トリートメントで髪に栄養を与える

鳥

トリートメントは髪の内部に栄養を与え、ダメージを改善するの役立ちます。
とくに髪の毛が傷んでパサパサだと感じている場合に効果的です。


正しいトリートメント方法 1、丁寧にやさしくシャンプーをする
2、トリートメントの前にはしっかり水分を取る
3、毛先からも髪を揉みながらおこなう(頭皮には絶対につけないこと)
4、時間は5-10分
5、流しすぎないこと(余分なヌルヌルが取れる程度でよい)

その4、病院で治療をする

病院

現在は薄毛は病院でも治療をすることができます。
通院が必要だったり保険料が全額負担というデメリットもありますが、しっかりと医師の指導のもとに薄毛改善をしたい方にはオススメです。

男性には男性用のAGAクリニック、女性には女性の薄毛専用のクリニックがたくさんあります。
料金は、クリニックや治療の内容によって異なりますが、薬代と治療費込みでおおよそ月10,000円〜20,000程度です。



男性向け【AGAスキンクリニック公式サイト】はこちら

女性向け【東京ビューティークリニック公式サイト】はこちら

おでこの生え際から薄くなる薄毛の効果的な育毛法はこちら

頭頂部・つむじから薄くなる薄毛の育毛法はこちら

女性の薄毛の原因と育毛法はこちら



髪の毛を増やす方法トップへ戻る