髪の毛を増やす

ダメな育毛|してはいけないヘアケア対策

ダメな育毛
日頃、抜け毛を防ぐためだったり、育毛のためだと思っておこなっていることが実は逆に抜け毛を促進しているということがあります。

ちまたでは頭皮や髪に良いと聞くようなことでも、実はやり方によっては悪影響を及ぼす行為は以下のようなことです。

過剰なブラッシングはダメ

ブラッシング

髪の毛のケアや抜け毛防止のために、ブラシを使ってブラッシングを行うことで刺激を与え、頭皮の血行を促進させると良いと言われることがありますが、これは誤りです。

サザエさんの波平さんがブラシで頭皮をポンポンと叩いて刺激を与えているような絵が浮かぶかもしれません。

しかし、本来のブラッシングの目的とは、ボサボサの髪の毛を整えるためだったり、シャンプー前に頭髪の中のゴミやチリを浮かび上がらせるために行うものです。

頭皮ではなく髪の表面に行う行為で、決して血行促進という目的ではありません。

ブラッシングにより、柔らかい頭皮を刺激し続けると皮下の柔らかい皮下組織が痛むだけでなく、場合によっては破壊されることもあります。

荒れた土地に作物が実らないように痛んだ頭皮に健康な髪が育つはずがありません。

ブラッシングの際には、頭皮までブラシの先端が及ばないよう気をつけて行うように心がけましょう。
 

皮脂の取り過ぎはダメ

皮脂

育毛の間違った認識のひとつに、皮脂(頭皮の脂)は育毛の妨げであるという考え方があります。

※確かに過剰な皮脂はよくありませんが、皮脂は適度には必要であり取りすぎは逆効果です。

この誤った考えに基づいて、皮脂を過剰に取り除いている人がいますが、それでは頭皮が乾燥して結果的に抜け毛が増えることになってしまいます。

また、シャンプーのしすぎや頭皮ケアのしすぎで抜け毛が増えることもあります。

頭皮を正常に保つには、多くて1日1回、頭皮や髪に優しいシャンプーを使用することで十分です。1日に何度もシャンプーをするのは頭皮には確実にマイナスな行為です。

そして、皮脂を根こそぎ取ってしまうような強力な洗浄力のあるシャンプーはそれこそ皮脂を取りすぎてしまいます。

それらは主にドラッグストアで安価で売られている石油系界面活性剤のシャンプーです。頭皮や髪の健康を気にするなら絶対に避けてください。

頭皮のことをちゃんと考えるなら、無添加のアミノ酸シャンプーを使用しましょう。

育毛の基本は清潔な頭皮を保つことですが、過剰な皮脂の取りすぎは抜け毛に直結します。


矢じるし正しいシャンプーの方法
→あなたのシャンプーの仕方はあっていますか?

矢じるし男性用アミノ酸シャンプー
→美容師やスタイリストが使って欲しいシャンプーの第1位はこちら。

矢じるし女性用アミノ酸シャンプー
→悩める女性の理想の無添加シャンプーはこちら。

過剰な頭皮マッサージはダメ

マッサージ

頭皮マッサージを施すと育毛に良いといった認識があります。

確かにマッサージをすることによって血流が促進され、毛根への栄養補給が行き届きやすくなります。

しかし、過度な頭皮へのマッサージはマイナスに働くこともあります。

過剰な摩擦で熱が発生し、頭皮の皮膚温度が上昇するばかりでなく、強く擦り続ける事によって皮膚がすりむけてしまうこともあります。

身体は過剰なマッサージで頭皮にダメージを与えると保護機能が働き急激に皮脂を分泌し、頭皮を固くさせます。

そうなると髪の毛が健康に生えてこなくなり、髪の毛も次第に細くなり抜け毛も増えてしまいます。

正しい頭皮マッサージは、まず頭皮を傷つけないように爪を短く切ってから行うようにします。そして、指の腹を使って優しく指圧します。

そして、同じ場所を長い間するのではなく、側面、生え際、頭頂部、首、肩などを順番に満遍なく行うようにしてください。

時間は全体でどんなに長くて10分程度にしておきましょう。長くやれば良いというものではありません。

※頭部に傷やできものなどがある期間は、マッサージは控えましょう。

そして、頭皮マッサージで育毛効果を高めたい場合は、育毛剤を使用しながら行うようにしましょう。


矢じるしできるだけ髪を早く伸ばす6つの方法

矢じるし女性特有の薄毛の原因とは

矢じるし 絶対に効く育毛剤はある?

矢じるし最も効果的な髪の毛を増やす方法5つ