髪の毛を増やす

栄養不足になると髪にはどう影響する?

栄養失調

人間の身体の機能は、必要な栄養分を補給することによりその正常な活動を維持しています。

栄養補給は主に日常の食事からです。その食生活に偏りがあると当然体には直接影響を及ぼします。

無理なダイエットなどで栄養不足に陥るケースはその代表的な例です。

こうした栄養不足は、健康にはもちろん毛髪にも影響を与ます。

ダイエットによる栄養不足は、薄毛の原因のひとつです。
 

人が栄養不足に陥った場合、真っ先にその影響が現れやすいのは毛髪や肌といった部位です。

人間の身体というのはうまく出来ていて、体内の栄養素は生命維持に必要と思われる重要な部位から順に送られるようになっています。

毛髪や肌は、直接生命に関わりのない部位なので、栄養素が回ってくる順番は一番最後となっています。

ゆえに、栄養不足になると、末端に位置する毛髪にはまったく栄養が回ってこなくなります。

そして、いま生えている髪の毛が不健康になり、新しい毛髪を形成するエネルギーも不足してしまいます。

これが、栄養不足による薄毛の原因です。


髪を健康に生成するために必要な栄養素とは

タンパク質

髪を健康に生成するために必要な栄養素が、タンパク質です。

髪はタンパク質が90%を占めています。

タンパク質は20種類のアミノ酸が集まってできていて、人体を構成する重要な成分です。体内には20種類のアミノ酸が内包されています。

このうち11種類は非必須アミノ酸と呼ばれ、体内で合成可能であることから、特に意識して摂取する必要はないとされています。

しかし、残り9種類の必須アミノ酸は、体内で合成不可なアミノ酸であるため、必須アミノ酸を含む食材を食べるなどして積極的に摂取する必要があります。

アミノ酸は、髪の大部分を構成しているケラチンというタンパク質を形成しています。

そのため、アミノ酸が不足するとケラチンが生成されず、髪の材料がなくなって毛髪が形成されなくなります。

特に大豆に含まれるイソフラボンは良質なタンパク質が豊富に含まれています。

さらに大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きをし、女性ホルモンを活発にするために薄毛予防にも効果があります。

矢じるし薄毛対策髪に良い食べ物はこちら


食生活の改善とサプリメントの有効活用

サプリメント


必須アミノ酸を含むをバランスよく摂取するには、徹底的な食生活の改善を図る必要があります。

ただ、忙しい現代人にとって、理想の食生活はかなりの努力を要するものであり、言葉ほどにはうまく行かないのが現状です。

そこで、特に不足しがちな必須アミノ酸に関してはサプリメントなどで補う方法もあります 。

偏った食生活の改善はある程度必要ですが、サプリメントの使用は現代人に許された特権と思って、フル活用するのも有効な手と言えます。

大豆イソフラボンが豊富な育毛サプリはこちら

生え際から薄くなる薄毛の育毛法はこちら

頭頂部・つむじの薄毛の育毛法はこちら

薄毛の種類別に効果のある育毛剤はこちら

髪の毛を増やす方法