髪の毛を増やす

薄毛の種類と原因

薄毛の原因

ひとことで「薄毛」と言っても人それぞれ原因がちがいます。

当然その原因によって対処すべき方法も変わってきます。

頭皮の血行不良が原因の薄毛に対して投薬治療をしたり、男性ホルモンが原因の薄毛に対して血行促進のマッサージをおこなっても効果的な対策にはなりません。

また、女性の薄毛と男性の薄毛でも対策は異なります。

薄毛の原因は大きく分けて4つあります。

それは、

1、遺伝や男性ホルモン

2、頭皮の不健康や血行不良

3、ストレスや自律神経によるもの

4、生活習慣からくる蓄積


の4つです。

育毛対策というのは、まず自分の薄毛の原因がこのどれなのかを知ることが重要です。

ここからはそれぞれの原因とその対策を紹介していきます。

女性特有の薄毛の原因と対策はこちら

ここから先の記事の目次
薄毛の原因-1.遺伝や男性ホルモン
薄毛の原因-2.頭皮の不健康や血行不良
薄毛の原因-3.円形脱毛症
薄毛の原因-4.生活習慣

薄毛の原因-1.遺伝や男性ホルモンが原因の薄毛

遺伝や男性ホルモンが原因の薄毛は、AGA「男性型脱毛症」と呼ばれるものです。
(AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略)

AGAは日本全国で1,260万人いるといわれており、ヘアサイクル(周毛期)の成長期が短くなる影響で前頭部と頭頂部の髪が薄くなるのが特徴です。

一度でもAGAの症状がでてきてそのまま放っておくと脱毛が進行していきます。

薄毛が進行

AGAは年齢によって20代~30代で発生する「若年性脱毛症」と40代~50代に発生する男性型脱毛症を「壮年性脱毛症」にわけられます。

日本の薄毛率は25年の間に1.72倍と増えていますが、その多くが男性型脱毛症(AGA)だと言われてます。

治療法は、AGAの原因であるジヒドロテストロンという男性ホルモンの分泌を抑えることがもっとも効果的です。

具体的な方法としては2つあります。

1つめの方法は、飲む育毛薬であるフィナステリド(商品名:プロペシア)の投薬です。

フィナステリド
具体的には、1日に1錠を毎日飲み続けるということだけです。

即効性はありませんが、半年から2年しっかりと服用を続けた人の約8割が薄毛を改善することができています。

ただし、投薬をやめると再び髪が抜けが始めるので1度飲み始めたら一生飲み続ける覚悟も必要です。

また、プロペシアは、医療用薬品ですので街のドラッグストアでは買うことはできません。

処方したい人は、AGAクリニックなどで医師の診察を受けて処方箋が必要です。また、保険は効きないため全額自己負担となります。

治療費は、病院によっても異なりますが、薬代と治療費込みでおおよそ月10,000円~20,000円程度でしょう。

矢じるし全国46カ所カウンセリングが無料のAGAスキンクリニック公式サイトはこちら

2つめの方法は育毛剤の使用です。
育毛剤
これは、どの育毛剤でも良いということではありません。

ジヒドロテストロンを抑える効果のある成分を配合しているものを使用することが大切です。

こちらは医療用医薬品ではないため、医師の処方箋などは必要ありません。

毎日、朝晩、頭皮に塗布しマッサージをすることで効果が期待できます。

→5aリダクターゼの働きを77%抑える成分が配合されている育毛剤はこちら


薄毛の原因-2.頭皮の不健康や血が原因の薄毛

血行

「頭皮が乾燥し過ぎている」

「頭皮が脂ぎって毛穴が詰まっている」

「頭皮がガチガチになっている」

こういった症状がある場合は、頭皮が不健康な状態です。

頭皮はいわば髪が生える土壌です。土壌が良くないと健康な作物は絶対に育ちません。

そういった状態では当然生えてくる髪の毛も健康には育ちませんし、そのままでは薄毛はどんどん進行していきます。

髪が生えても細くハリがなかったり、すぐに抜けやすくなってしまうような状態です。

頭皮が不健康な状態のときの対策としては、育毛剤で栄養を与えながらマッサージをすることが効果的です。

そうすることで血行が促進され頭皮が柔らかくなり徐々に状態が改善されていきます。

不健康な状態から健康な状態に戻すには、最低3ヶ月以上は毎日続けることが大切です。

矢じるし薄毛の種類別で効果のある育毛剤はこちら

矢じるしおでこの生え際から薄くなる薄毛の効果的な治療法はこちら

矢じるし頭頂部・つむじの薄毛の治療法まとめはこちら


薄毛の原因-3.円形脱毛症が原因の薄毛

自己免疫疾患

円形脱毛症は、突然、円形または楕円状に脱毛が発生する症状です。

年齢性別に関係なく発症します。
6割は自然に治ると言われてますが、逆に言えば4割は何らかの治療が必要と言うことになります。

原因はいくつかあげられていますが、円形脱毛症に関しても完全に解明されたわけではありません。

円形脱毛症の原因としては、自己免疫疾患、つまり精神的なストレスによるものが多いとされます。

ストレスを感じることで免疫システムの機能が不良となって、体が自分の組織を攻撃してしまうことです。

本来、人間の体は外から侵入する細菌やウイルス、あるいは体内に発生する異物はリンパ球が排除しようとします。

ところが司令塔である自律神経に異常が生じ、リンパ球が誤って毛根を攻撃することによって円形脱毛症を引き起こすと考えられています。

しかし、現在の医学でもまだ原因が完全に解明されているわけではないようです。

円形脱毛症や部分ハゲの治療の場合、ステロイド注射やステロイド内服薬、局所免疫療法などで改善する場合がほとんどです。

まずは病院やクリニックで相談することをお勧めします。

矢じるし自律神経と抜け毛の関係はこちら

矢じるし円形脱毛症や部分ハゲの画期的な治療法

 

薄毛の原因-4.生活習慣が原因の抜け毛になる

野菜や魚をあまり摂らずに、肉やお菓子などばかり食べている、運動を全然していない、あまり睡眠時間を取れていない、不規則な生活をしている。

こういう身体にとってよくない生活を続けて送っていると必ずいつか体を壊します。

内臓の機能もおかしくなりますし、当然髪にも十分な栄養が届なくなり抜け毛が増えいきます。

体は生命に重要な臓器などから栄養を送ります。髪へ栄養が送られる優先順位は低いので髪は最初に栄養不足に陥ります。

人間の体はすべて繋がっています。

それは、肉体的なことは当然ですが精神的な変化もしばし体へ影響します。


毎日職場で、ストレスを受け続けていれば胃腸炎や胃潰瘍になったり、鬱になったり、はたまた、抜け毛が増えたりと、人それぞれですが必ず体は反応を起こします。

病気はもちろんですが、育毛にとっても日々の生活習慣と精神状態は常に健康的であることが望ましいと言えます。

また、定期的にヘアカラーやパーマを当てていたり、夏の紫外線にたくさんあたっているなど、これらはどれも当然身体にとってよくありません。

それらが蓄積されると抜け毛の原因になります。


矢じるし髪の毛を増やす方法

矢じるし10代で薄毛になる3つの原因と効果的な治療法

矢じるし20代30代で薄毛になる3つの原因と効果的な治療法

矢じるし40代50代で薄毛になる2つの原因と効果的な治療法

矢じるし薄毛を改善した体験談

矢じるし2育毛剤の正しい使い方の手順

矢じるし2育毛剤の種類と副作用を解説