薄毛の原因

脱毛症の種類と原因

男性型脱毛症(AGA)

aga

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、日本語でいうところの「男性型脱毛症」のことです。

AGA(エージーエー)は日本語名の通り、男性特有の脱毛症です。に30~50代の男性に多くみられ、薄毛や抜け毛に悩む男性の多くがAGAであるといえます。

AGAは日本全国で1,260万人いるといわれており、ヘアサイクル(周毛期)の成長期が短くなる影響で前頭部と頭頂部の髪が薄くなるのが特徴です。

遺伝や男性ホルモンが大きく関わっていると考えられていおり、一度AGAの症状がでてくると脱毛が進行していきます。

AGAは年齢によって20代~30代で発生する「若年性脱毛症」と40代~50代に発生する男性型脱毛症を「壮年性脱毛症」にわけられます。

つまり若年性脱毛症と壮年性脱毛症の総称がAGA(男性型脱毛症)です。

AGAは加齢による影響が大きいので壮年性脱毛症の方が多いのですが、近年ではライフスタイルや社会的なストレスの影響か若年性脱毛症が増えています。
20代の若年性脱毛症は周りとの比較もあるために、精神的なストレスは大きいといえます。

日本の薄毛率は25年の間に1.72倍になっているとのこと。

その多くが男性型脱毛症(AGA)だと言われてます。 男性ホルモンが原因だとされていますが、まだ100%解明されたわけではないようです。

それだけに、誰にでも効果のある育毛法は存在しないのが現状です。

成人男性の4人に1人が薄毛だと言われてますが(参考:アデランスによる日本の成人男性薄毛調査結果)、その多くが男性型脱毛症(AGA)と考えられています。

おすすめの育毛剤を紹介しているページはこちら



男性の薄毛の原因



生活習慣やストレスが原因の抜け毛になる

野菜や魚をあまり摂らずに、肉やお菓子などばかり食べている、運動を全然していない、あまり睡眠時間を取れていない、不規則な生活をしている。

これらは当然身体にとってよくありません。

こういう身体にとってよくない生活を送っていると、必ずいつか体を壊します。内臓の機能もおかしくなりまし、当然髪も十分な栄養が届かないようになり抜け毛が増えいきます。

体は生命に重要な臓器などから栄養を送ります。髪へ栄養が送られる優先順位は低いので、髪は最初に栄養不足に陥ります。

また、人間の体はすべて繋がっています。

それは、肉体的なことは当然ですが、精神的な変化もしばし体へ影響します。


毎日職場で、ストレスを受け続けていれば胃腸炎や胃潰瘍になったり、鬱になったり、はたまた、抜け毛が増えたりと、人それぞれですが必ず体は反応を起こします。

病気はもちろんですが、育毛にとっても日々の生活習慣と精神状態は常に健康的であることが望ましいと言えます。



円形脱毛症

突然、円形または楕円状に脱毛が発生する症状です。

年齢性別に関係なく発症します。 6割は自然に治ると言われてますが、逆に言えば4割は何らかの治療が必要と言うことになります。

原因はいくつかあげられていますが、円形脱毛症に関しても完全に解明されたわけではありません。

円形脱毛症の原因としては、自己免疫疾患という説が有力です。

自己免疫疾患とは、免疫システムの機能が不良となって、体が自分の組織を攻撃してしまうことです。

体外から侵入する細菌やウイルス、あるいは体内に発生する異物はリンパ球が排除しようとします。

ところが何らかの原因でシステに異常が生じ、リンパ球が誤って毛根を攻撃することによって円形脱毛症を引き起こすと考えられています。

しかし、原因が完全に解明されているわけではないようです。

自己免疫疾患の他にストレスなどが原因になると言われてますが、ストレスを原因とする根拠がないとする専門家います。

円形脱毛症や部分ハゲの画期的な治療法の記事を見る  

 

フケによる脱毛

フケが脱毛の直接的な原因になるケースは少ないようです。

過度に心配する必要はありませんが、フケが大量に出たり、湿っぽいフケが目立ちかゆみや炎症を起こした場合は、皮膚科にて診断を受けた方が良さそうです。

乾いたフケによる脱毛を粃糠性(ひこう性)脱毛症、皮脂の過剰分泌による脱毛を脂漏性脱毛症と呼ぶ場合があります。


髪の毛を増やす方法トップへ戻る