髪の毛を増やす

絶対効く育毛剤はどれ?

育毛剤
育毛剤を始めようと決意した人なら誰しも「必ず効く育毛剤、絶対に生える育毛剤を知りたい!」と思うことでしょう。

育毛剤を使用しても結果が伴わなければ意味がありませんし、時間もお金も無駄になってしまします。

ただ、ひとくちに薄毛と言ってもその種類は多様です。

生え際から薄くなる人、頭頂部から薄くなる人、M字型に薄くなる人、髪が細くなる人、部分的にハゲる人などハゲ方というのは様々ですし、また男性と女性でも異なります。

薄毛の種類

残念ながら、それらのすべての人に効く育毛剤というものはありません。

数多くある育毛剤の中から、ちゃんと自分の薄毛に対して適切なものを選び正しく使用しないと、育毛剤を使っても十分な効果を得ることはできません。

しかし、しっかりと自分の薄毛の種類に合った育毛剤を使用することで効果は格段に上がります。
POINT

育毛で大事なのは、自分の薄毛に合わせて育毛剤を選ぶということです。


薄毛の種類別の効く育毛剤

U型O型タイプの育毛剤 →CHAP UPの公式サイトはこちら

→CHAP UPは効果がある?特徴や評判のまとめ


M型タイプの育毛剤
→プランテルの公式サイトはこちら

→プランテルは効果がある?特徴や評判のまとめ

女性用 →MUNOAGEの公式サイトはこちら

→MUNOAGEは効果がある?特徴や評判のまとめ

薄毛になる人・ハゲる人とならない人の違いって何?

薄毛になる人と薄毛にならない人との一番大きな違いは何なのでしょうか?

薄毛になる一番大きな原因、ズバリそれは遺伝です。
ハゲ頭
父や母、祖母や祖父、また親族に薄毛の人がいる場合と、いない場合とでは薄毛になる確率は、確実に親族に薄毛がいる人の方が確実に高くなります。 それは女性の薄毛にも言えます。

極端なことを言うと、ハゲない遺伝子を持っている人は、どんなに不潔にしようが、どんなに偏った食事をしようが、運動をし鳴かそうが、不規則だろうが、ストレスがかかろうが絶対ハゲたりしません。

髪が痛んでパサパサにはなり、たくさん抜け毛が増えても、その分生えてきます。そういう体質なのです。

これは、ホームレスの方を見るとわかりやすく、ハゲている人が多いかというと決してそんなことはありません。

逆に、薄毛になる可能性がある遺伝子を少しでも持っている人は、髪や頭皮が少しでも不健康な状態になるとすぐに影響し髪が弱り、抜け毛が増えます。

さらに加齢でも、身体的や精神的なダメージでも影響し、些細なことでも髪に悪影響を及ぼしてしまいます。

そして、そのままケアをせずに放っておくと、ある時から新しい毛も生えてこなくなるのです。悲しいかなそういう髪が抜けやすい体質なのです。

ハゲる遺伝子を持っている人が頭皮を不健康な状態にし続けると絶対にハゲます。

だからこそ、常に髪や頭皮を健康な状態を保っておく必要があるのです。

どんな病気でも早期の治療が一番の治りやすいように、薄毛の対策も早い方がいいのです。

完全に髪の毛が無くなってから始めるのと、まだ回復できる状態にあるのとでは状況も変わってきます。

生え際から薄くなる薄毛の効果的な治療法はこちら

頭頂部・つむじの薄毛の治療法まとめはこちら

女性の薄毛の原因と育毛法はこちら


早めの対策
死んだ土壌とまだ生える余地がある土壌とでは生える植物も異なります。

細くて少なくなっても、まだ毛が残っている状態の方が髪が全くない状態よりも復活する確率は確実に高くなります。

育毛対策しようかなと少しでも思ったら、今日からでも、少しずつでも始めていきましょう。

ダメージが少ないうちに始めるというのが最も効果的な育毛対策です。半年後ではもう手遅れということも多々あります。

育毛剤を使用して頭皮マッサージで土壌を耕す

弱った頭皮を元気にするには、頭皮マッサージを習慣化することが効果的です。

頭皮の血行を良くし健康な頭皮にし、生える土壌を作ってあげましょう。
マッサージ
血液というのはつまり栄養です。細胞を作る素です。頭皮が硬くなっていて血のめぐりが悪い状態というのは、髪を育てる栄養が行き届いていないということです。

もちろん、育毛にも健康で健全な日常生活(食事、睡眠、運動)などは大切ですが、やはり直接的に頭皮の血行を良くする頭皮マッサージが育毛には非常に効果的です。

今までやったことがない人はぜひ、今2−3分でよいので軽く行ってみてください。

頭皮マッサージは非常に気持ちも良く、血流が良くなることで頭がスーッとするのを実感できると思います。

この時、一緒に育毛剤を使うことで育毛効果がぐんと上がります。

育毛剤は、髪を健康に生やす栄養が凝縮されており細胞に刺激を与え活性化させる効果があるので抜け毛防止はもちろん発毛効果があります。

※マッサージは指の腹を使い、爪は立てないようにし、生え際から側頭部そして頭頂部へとゆっくり頭の皮を動かすように円を描くように揉みほぐします。首や肩もすると良いでしょう。

リラックスしながら力を入れすぎずに全体をゆっくり行います。※事前に爪は切っておくこと。

一日の育毛剤の使用回数は、基本的には朝晩の2回行うようにします。

夜は、入浴時に頭皮をマッサージしておいて、入浴後に髪の水分をタオルで抑えてから育毛剤をつけるようにします。

すでに血行が良くなり毛穴が開いたところに育毛剤を使うことでより効果的です。

また、髪の毛の細胞は、夜10時から2時の間が一番成長しますので、この時間にはできるだけ就寝しているようにしてください。(睡眠時に成長ホルモンは分泌されます)

育毛剤は自分の薄毛の種類にあったものを選ぶことが大事

冒頭でも述べましたが、ひとくちに育毛剤と言っても、今は様々な商品が販売されています。値段や成分や成分なども多種多様です。

なんとなくの知名度や値段、デザインの雰囲気で決めて始めてもそれが自分に適しているのかというのはわかりません。

しばらく使って全く無意味というのでは時間もお金も無駄になってしまいます。

しかし、自分の薄毛の種類に合わせて育毛剤を選ぶことで効果は飛躍的に上がります。

育毛剤はちゃんと自分の薄毛に合わせて使用しましょう。

10代で薄毛になる原因と育毛法はこちら

20代30代で薄毛になる原因と育毛法はこちら

40代50代で薄毛になる原因と育毛法はこちら

効果

コンプレックスによる日常への悪影響を甘く見ないこと

薄毛コンプレックス

髪の量がどんどん減って、毎朝の髪のセットが自分の思ったようにいかなくなったり、鏡で自分を見て薄毛が気になって自信が無くなると、テンションが上がらず一日中髪のことが気になってしまうようになります。

また、お風呂の後の排水溝に溜まった髪の毛の量や、使用後のタオルや寝起きの枕の抜け毛の量などを確認してはブルーな気分にもなったりしてしまいます。

若い頃はもっと髪の量が多くてハリやコシもあって髪型も自由に楽しめたのに・・・。そんな風に思いテンションが下がってし覇気が無くなったり、自分に自信が持てなくなると積極性を失いがちになります。

そうなると仕事やプライベートでもそんなマイナスオーラをどことなく発するようになり、ちょっとしたことがうまく回らなくなったり、徐々に悪循環につながることが増えてきます。

一番良くないのは、自分に自信を持てずにウジウジしていることです。そうなると人間的な魅力も半減してしまいます。それこそ、まさに不毛というものです。

人というのは気持ちの持ちかたひとつで、日々の発言や行動は変わり、その積み重ねで人生は変わっていくものです。

人間の細胞は1日や2日では変わりません。1本の髪の毛のサイクルは平均4-6年もあります。毎日コツコツ育毛の努力していくことが時間をかけて数万本ある髪の毛全体に少しずつ影響を与えるのです。

何もせずにただ悩んで縮っていてもなんにも改善はされません。まずは行動することが大切です。

矢じるしAGA関連医師も勧める育毛剤

矢じるし皮膚科医が勧める女性専用育毛剤

矢じるし髪の毛を増やす方法