女性の薄毛の原因は?

女性の薄毛

その1【40代〜50代(更年期)からの薄毛】

40代〜50代にかけて、いつの間にか髪が薄くなっているという女性は多くいます。

「年齢とともに最近、髪のボリュームが減ってきた、髪の毛が細くなってきた」「最近、更年期障害の症状が出てきた・・」
そんな場合は女性ホルモンの減少が原因です。

髪の生成に関わる「エストロゲン」という物質は、20代後半を境に少しずつ分泌量が減っていきます。

閉経前後にはさらに減少しホルモンバランスが崩れるため、50代前後になって急に抜け毛増えるのです。

女性の薄毛の形状は、1つの毛穴から生える髪の本数が減る、髪が痩せる、髪の色が薄くなるといった形で頭部全体に進行していきます。

これらは女性特有の脱毛症で「女性型脱毛症」もしくは「びまん性脱毛症」などと呼ばれています。

対策としては、

1、病院でホルモン補充療法を行う。
これは医学的に足りなくなったホルモンを補う方法です。

ただし、副作用もありますので、医師とよく相談して決めましょう。


2、日頃の食生活で大豆食品をよく摂るようにする。
大豆イソフラボンの摂取は女性ホルモンを補う作用があります。こまめに継続的に取り入れることで髪の健康につながります。

また、毎日の食事ではたいへんという方は、サプリで補うのも手軽で効果的です。


3、女性用の育毛剤を使用する。
早く直接的に効かせたいなら、育毛剤が効果的です。

ただし、女性は男性用の育毛剤を使うと強い副作用が出る場合がありますので、育毛剤選びには注意が必要です。

女性専用の育毛剤というのがありますのでそちらを使用しましょう。

女性タイプ
→女性の薄毛に効く育毛剤を見る

その2【産後に抜け毛がどっと増える】

妊娠、出産をすると女性ホルモン量が短期間に大きく増減します。

妊娠時には女性ホルモンの「プロゲステロン」や「エストロゲン」が急激に増え、出産を終えると急激に減ります。

女性ホルモンの減少が抜け毛につながるのです。

この場合は、時間の経過とともに抜け毛の数も減ってきます。こちらも対策方法としは、上記の更年期の抜け毛と同じです。


産後に抜け毛が増えた人の経験談を見る


その3【10代〜30代の薄毛(若年性脱毛症)】

若い女性の間で流行している「若年性脱毛症」は、様々な要因が重なって発症します。

例えば、無理なダイエットをしてしまうと、髪に必要な栄養素が不足し、さらにはホルモンのバランスが乱れ薄毛になるリスクが高まります。

十分な栄養素が得られないと自律神経のバランスも悪化し、そのことも薄毛の原因に関係します。

ヘアカラー、パーマ、スタイリング剤の使用など、「ファッション」や「オシャレ」が髪にダメージを及ぼす可能性も。

いずれも頻繁に使用したり洗浄が不十分だったりすると、髪に大きな負担を与えることになります。

一方で、「ケアが不十分」だと、髪が傷み同じく薄毛を誘発します。女性は髪の長い方が多いので男性よりも入念なケアを行わなくてはなりません。

シャンプーのすすぎ残しなども抜け毛の原因となりますので、すすぎは十分すぎるほど行うようにしてください。

また、ドラッグストアなどで売られている安価なアルコール系のシャンプーは皮脂をとりすぎるので抜け毛につながることもあります。

できれば頭皮や髪に優しいアミノ酸系のシャンプーを使用するようにしましょう。

アミノ酸系オーガニックシャンプーを見る

その4【その他の脱毛症】

その他にもガン剤の副作用による脱毛やストレス過多の子供に見られるトリコチロマニア、ポニーテールなど髪を引っぱることによって起こる牽引性脱毛症などがあります。




体毛の濃い女性をどう思いますか?【アンケート】


髪の毛を増やす方法トップへ戻る