髪の毛を増やす

薄毛を改善した話


43歳 女性 主婦の薄毛改善体験

薄毛を改善

それは出産後、なぜかいきなり離婚騒動が起きました。

まさかこんなことになるとは!とか感傷的なことを言っていても仕方がなく、とにかく子供を育てるのみ!と割り切っていました。

そして数年離婚うつなどを経験しつつも、頑張ってきた日々。

髪型といえば、気にしている余裕もなく常に後ろで1つに束ねるか、バッサリ扱いやすいショートにしておくかという感じでした。

元々髪が傷むのが嫌いで、カラーリングなどはせず自分で言うのも何ですが毛質のいい髪だと思っていたし、ちょっといい美容院へ行くのが気分転換になっていたのです。

しかし、ある時から「束ねた髪の量が少ない」「何となくうまくピンが止まらない」という感じになっていきました。

しょうがないので、ピンは諦めそのまま気にせずにいたのですが、さすがに元々ストレートヘア=髪が寝るタイプでもあったため、ボリュームダウンが解りやすくなり何か貧相な気がすると思うようになりました。

そんなに気にしているつもりもなかったのですが、気が付くと金額の高い美容院からは足が遠ざかっていました。

今にして思えば「どんなカットにしよう」という選択肢がすでになかったからですが。

また時を同じくして、子供が少し手がかからなくなってきたということもあり、人に会う機会が増えオシャレの機会も増えてきました。

いろいろ張り切って見た目にも気を配るようになってきたのですが、髪だけがどうしようもないのです。

きわめつけは、髪の毛を洗面台でまじまじ見たところ、何と頭頂部と側頭部が透けてる~!(泣)

薄々気づいてはいたんです。

でも確かめたくなかったんです。ですがごまかしにも限界が来たので勇気を出して見たのです。

もうヘアケアではなく、地肌ケアとか育毛方面に気を使わなくてはと思うようになりました。

重い腰を上げて少し調べてみると「女性の薄毛」とか「女性の髪のボリュームの気になる」というフレーズのアイテムが多くあるんですね。

慎重にネットで調べて皮膚科医が推奨の女性用の育毛剤を1つ購入してみました。

色々研究した結果、土壌である頭皮を健康にするために頭皮マッサージは欠かせないことに気付き、育毛剤を使いながら丁寧に頭皮をもむことにしたんです。

そうすると、抜け毛が明らかに減って徐々にですが髪が増えてきました。

実は子供から見ても、かなり「髪が薄い」って感じだったみたいなのですが「髪かき上げても、前より目立たなくなった。」と言われるようになりました。

やっぱり何事も何もやらないより、早めに何かやった方がマシってことに改めて気付きました。

女性の薄毛の原因と育毛法

皮膚科医推奨の女性用育毛剤

効果的な髪の毛を増やす方法