くせ毛を治すには

くせ毛を何とかしたい


直毛かくせ毛(波状毛、縮毛)かという髪の状態は、生えてから決まるものではなく、毛根の形状で決まります。

直毛は、毛根そのものがまっすぐ。断面もほぼ真円です。

くせ毛の場合は、毛根そのものが曲がっているため、毛根で髪が作られるときに、すでにねじれていたり、曲がっています。髪の断面も、だ円状で、表面も曲がった状態になっています。

一般にくせ毛は遺伝によるものが多いといわれていますが、栄養不足が原因で毛髪が細くなり、くせ毛が起こるケースもまれにあります。

くせ毛を治すにはストレートパーマが近道です。

しかし、通常のパーマよりも大きな負担になります。日本人は直毛の人が多いため、ついくせ毛であることをマイナスに考えがちのようです。

コンプレックスにしてしまわないで、個性と考えて、くせ毛を活かしたヘアスタイルでおしゃれを楽しんではいかがでしょうか。

くせ毛を活かしたヘアデザインは、自分らしいニュアンスのある自然なスタイルに仕上がるはずです。

悩んでいる方は、くせ毛に効果的なヘアトリートメントも出ていますのでそちらを試してみるのも良いかもしれません。

もうくせ毛で悩まない!髪質を変えたいあなたはこちらへ

 

健康で美しい髪を保つためには、頭皮と髪を清潔にし、ダメージを与えないことが基本です。また、心身を健康に保つ生活習慣も髪の健康には大切です。

不規則な生活リズム、過激なダイエットは髪にも悪影響を及ぼしますので心がけておきましょう。

【体験談】くせ毛の対処法や改善方法 40代 女性 自営業の場合


私は若い頃からくせ毛で、特に湿気がある時期には癖が出て、人がってヘアースタイルが決まらなくて困っていました。

そこで、対処として行ったことは縮毛矯正ストレートパーマで癖をとることです。1年に1回、梅雨時になるとかけることにしています。

湿度がない土地に行ったり、例えばスペインとか、湿度が低いところだとくせ毛が割とましなので、すごく扱いやすい髪の毛になるのですが、日本だとどうしても湿度が梅雨時から夏にかけて高くなるので、くせ毛が出てうねりが出て困ってしまいます。

そういう時に、縮毛矯正ストレートパーマをかけると髪の毛がまっすぐになって、まとまりがよくなります。

ただ、縮毛矯正ストレートパーマは髪の毛が傷んでいたら強くかかりすぎて、さらにチリチリになってしまうので、すごく気をつけないといけません。

簡単に髪の毛の癖を直すにはストレートアイロンを使います。でもこれは一時的なものなので、髪を洗ったりすると元のくせ毛に戻ります。

ブラシ付きアイロンを使うと、髪の毛の癖を取り除きながら、ヘアースタイルも決めることができるのですごく便利です。


髪の毛を洗った時に、ブロー時、しっかりとブラシで髪の毛を伸ばすと癖は割とマシになります。

問題は湿度で、湿気がなければくせ毛は割とおさまってくれるので楽になります。



【体験談】くせ毛の対処法や改善方法 30代 女性 主婦の場合


私は元々くせ毛で、中学生のころなどは、悩んでいました。制服にはストレートの黒髪がとても映えるからです。

一生懸命ブローをしていましたが、量も多く、髪の毛自体も太く、しかもくせ毛なので、きれいなストレートにするのは難しかったです。

それからしばらくして、ミルボンのヘアクリームに出会います。

ディーセスレミューのシリーズの、フルイドというヘアトリートメントです。

この商品は、とても髪がしなやかになります。カラーリングをし、髪を梳いた髪型にし、このトリートメントをつけることで、パーマをかけているのですが、と聞かれるようになりました。

カラーリングをすることで、髪がやわらかくなり、そこにヘアトリートメントをすることで、さらに髪がきれいになりました。

それからしばらくして、また、髪のくせ毛に効く商品に出会いました。それはパナソニックのナノケアのドライヤーです。

これを使うようになってから、髪がストレートになるようになりました。また、髪の傷みがおさまり、髪が潤う感じです。

ずっと、垂らして歩くのは自信がなかったのですが、このドライヤーを使うようになってから、髪を垂らして歩けるようになりました。

以前は、雨の日などは、くせ毛で広がってしまっていたのですが、このドライヤーに出会ってから、そのようなことがなくなりました。乾きも早く、重宝しています。


【体験談】くせ毛の対処法や改善方法 20代 女性 会社員の場合


私はパット見ストレートですが、伸びてくると癖が少し出てきます。

一番癖が出やすいのは前髪のサイドの辺りです。

昔はここには癖がなかったように思いましたが、学生の頃から少し癖があることに気づきました。

この癖の対処法は、ドライヤーで伸ばすように乾かした後でストレートアイロンをすることです。

短い外出だったらドライヤーだけでセット可能ですが、これだとあまり持続しません。

長時間外に行かないといけない時は、ストレートアイロンでのセットは必須です。

セットの際髪に塗るのは、前髪は水だけ、他の部分はワックスかヘアオイルです。

滑らかな感じを意識しているので、ワックスもジェルタイプなどの柔らかいものを使います。

ヘアオイルを使うのはキューティクルを整えること、髪に重みを持たせて広がり防止をすることが目的です。

前髪は、顔にとてもかかる部分なので油の類は一切使いません。

以前これがきっかけでニキビが出来たことがあるからです。

上記のような方法でセットすると、見苦しかった癖もあっという間に自然なストレートになります。

前髪以外の部分は艶もまとまりも生まれますし、セットをしつつケアもできるようになっています。

あまり高価なものを使わずにできるので、部分的に癖があるような軽度のくせ毛の人にはオススメです。

それと以前からバランローズというヘアオイルが気になっていて、これもセットの時に使うとくせ毛がストレートになるという噂なので試してみたいと思っています。


まとまらない髪をストレートヘアへ


髪の毛を増やす方法トップへ戻る