円形脱毛症や部分ハゲを治す方法

ぶ

円形脱毛症や限られた部分の薄毛(部分ハゲ)などは、自己免疫疾患やストレスの場合が多く原因の根本がそれぞれで異なるため、市販の育毛剤やプロペシアなどの治療法では、効果が見られません。

円形脱毛症や限られた部分の薄毛(部分ハゲ)の場合まずは、原因の究明が大切ですので病院やクリニックで相談することをお勧めします。

円形脱毛症や部分ハゲの治療の場合、多くはステロイドを使った治療が施されます。

薄毛専門クリニックの公式サイトはこちら

女性の薄毛専門のクリニックはこちら


増毛
瞬時に薄毛が隠せる増毛スプレーはこちら


円形脱毛症や部分ハゲの新治療法SMPとは

病院でも解決できなかったり、他の方法を探している方には、SMPという治療法があります。

イギリスで誕生したメディカルSMPとは、頭皮専用に開発されたマイクロニードルを使って、頭皮に色素を注入して毛根を描く技術のことです。

日本ではこのSMP施術が出来るのは医療従事者に限られているため、まだあまり浸透していません。

描くというのを聞くと、タトゥー的なイメージを浮かぶかもしれませんが、しっかりとした医療です。

smp治療

SMP施術のメリットは大きく分けて二つあります。まず頭皮に毛根を描くものですので施術後からすぐに効果を感じられます。

薄毛だったりハゲて毛がなくなってしまった部分に毛根を描くことで、発毛してきているような見た目を作り出すことができます。

円形脱毛症のような局所的なハゲの場合には隠すという方法が採れますが、生えてくるまではやはりどうしても気になってしまいます。

生えてくるまでの対処方法として、毛根を描くことで目立たなくすることもできます。


もう一つのメリットは、トータルコストが明瞭だということです。育毛剤や投薬治療の場合、治療を続ける限りずっとお金がかかります。

投薬治療の場合、クリニックに通えば月あたり1-2万円程が半永久的に必要になります。つまりトータルでいくら薄毛治療にお金がかかるかは分かりません。

SMP施術の場合には、施術面積に合わせて価格設定がありますので、自分の薄毛部位に対して金額が変わります。

カウンセリングで自分の治療範囲も分かりますので、最初にあらかじめいくら必要なのか分かっているという安心感があります。


SMP治療をおこなっているクリニックの公式サイトはこちら


SMP治療のデメリットは?


ただしSMP施術は、器具で頭皮に色素を注入するということで不安を感じる人も少なくはないはずです。

メディカルSMPはタトゥーのようなファッションとは違って、薄毛治療という医療行為です。

器具や使われているインクも専用に開発されているものを使用していますし、医療従事者が行う施術です。

痛みは勿論ありますが、医療機関が行うため麻酔も使えるので痛みを緩和する処置も出来ます。

施術はカウンセリングをしてその人に合ったヘアラインに添って毛根を描いていきます。


一度の施術で全てを行うということも出来ますが、周りに知られたくないという場合には少しずつ生えてきているように見えるように複数回に分けて施術をすることも出来ます。


また1度施術をしたらいつまで持つのかということも気になります。

頭皮に色素を注入する施術ですので、2年程度でメンテナンスをする必要があります。この色素の落ち方は個人差があるのですが、長い人だと5年ほど持つようですね。

メリット・デメリットはそれぞれありますが、SMP施術は部分的なハゲに悩む人に向いている治療法です。

頭部に出来た傷跡がハゲている、円形脱毛症になってしまい発毛が望めないような限られた部位のハゲを目立たなくすることが出来ます

薄毛治療の場合には、通院して本腰入れての治療になりますので時間とお金もかかってしまいます。SMP施術ならその日にすぐに効果を感じられますし、施術自体は男性のハゲに限ったものではありません。

女性の場合、年齢と共に薄くなってしまったわけ目や生え際にSMP施術をすることが多いです。

またハゲてしまったけど薄毛治療をしているので、髪が発毛するまでのつなぎにと考えている人にもSMP施術は向いています。

注入する色素は皮膚の表皮と真皮というごく浅い部分に溜まるので、毛根にはダメージを与えることはありません。

発毛することにまだ期待をしているけれど、生えてくるまでの期間は気になります。

その間薄毛を隠したいという場合にも、SMP施術で隠すことができますね。施術を受けたことも、ほとんどの場合は本人が言わない限りは分からないほど、高いクオリティが期待できます。

SMP施術は、薄毛に悩む人のQOL向上を目指せる新しい薄毛治療法方なのですね。


SMP治療をおこなっているメディカルSMP公式サイトはこちら


男性型脱毛症AGA薄毛治療法

現在、男性型脱毛症(AGA)の薄毛治療というと、市販の育毛剤の使用だったり、プロペシアの投薬治療などが挙げられます。

こういった治療の場合、効果が表れるまでに最低でも半年以上かかるのが普通です。
中には長期間続けても効果がでないという人も一定数いますし、更に副作用に悩まされる人もいます。

使用や服用を中止すると効果もなくなり、再び抜け毛やハゲは進行してしまいます。

つまり一度薄毛治療を始めたら、根気強く治療を続ける必要があります。

髪の毛を増やす方法トップへ戻る