髪の毛を増やす

自毛植毛

自毛植毛とは、自分の後頭部から耳の後ろにかけての部分の頭髪を、髪が薄くなった部分へ移植する手術のことです。

普通、ハゲがある人でも後頭部から耳の後ろにかけての部分の頭髪は残っています。

これは、この部分の頭髪が薄毛の原因となる男性ホルモンの影響を受けにくいようになっているためです。

中にはメスを使わない施術もあります。移植した髪の毛はそのまま成長を続け、半年~8ヶ月程度で生え揃います。

こちらも料金は、クリニックや治療の内容によって異なりますが、だいたい300,000円~になります。保険適応外ですので料金は高めですが、AGA治療と違い施術が完了すれば完了です。

→自毛植毛シェア国内No. 1の「アイランドタワークリニック」公式サイト

→円形脱毛症用の医療用ウィッグはこちら

自毛植毛の現状

自毛植毛の究極目標はその自然さと密度ですが、その達成のために最も必要なのは熟練した技術による手作業とされています。

特に質の高い自毛植毛の手術とは、以下のような特徴を持っています。

1.無駄なく植毛用の頭髪を採取できるか
2.植毛用頭髪に傷を与えず迅速に採取できるか
3.どれだけ高密度に植毛できるか
4.自然な毛の流れを再現できるか
5.一度に大量の毛髪を植毛できるか
6.植毛用頭髪の採取後の傷を目立たなくできるか
7.薄毛の進行の仕方を考えた植毛デザインができるか

現在では日本でも自毛植毛を行うことが出来る医療機関が増えてきましたが、ただ単純に毛が生えればいいというのではなくて、いかに効率よく高品質に仕れるか、というのが重要です。


円形脱毛症や部分ハゲの治療法

自毛植毛の歴史

19世紀から脱毛治療には皮膚の移植が採用されてきました。
日本では1930年代から、自毛植毛の研究が始まっています。

その後、1959年、男性の脱毛症への対処法としての自毛植毛手術治療法が確立され、世界中にこの手法が広がりました。

初期の自毛植毛手術はパンチグラフトと言い、直系5ミリ程度に頭皮を毛根ごとくりぬき、薄毛の部分に植毛をしていました。

結果これでは20~30本の髪の毛の束が薄毛部分に束になって生えているので、見た目に不自然さが残ったということです。

1992年、ブラジルの医師が同時により大規模な植毛を行う技術:メガセッションを可能にしてから、飛躍的に自毛植毛の技術は進化を遂げました。

現在では、国際毛髪外科学会という数千人規模の学会が開催されるなど、国際的にも自毛植毛という技術が注目されるようになり、特にアメリカの中では年間9万件程度の手術件数が報告されています。

 

今後の自毛植毛技術

現状の自毛植毛の欠点を挙げるとするならば、それは植毛用頭髪には限りがあるということです。

将来的には、毛根を組織培養(クローン)することによって、植毛用頭髪の量的な限度を取り払おう、という試みがなされています。

現在ではまだこの毛根の組織培養技術は開発段階ですが、いつの日か毛根の組織培養技術が確立され、究極の自毛植毛手術が出来る日がくるでしょう。


→自毛植毛シェア国内No. 1の「アイランドタワークリニック」公式サイト

→SMP治療メディカル公式サイト

→円形脱毛症用の医療用ウィッグはこちら

髪の毛を増やす方法トップへ戻る