髪の毛を増やす

頭頂部・つむじの薄毛の治療法まとめ|頭のてっぺんがハゲた時の対処法

このページでは「頭頂部の薄毛、つまり頭のてっぺんから薄くなる人薄毛の原因と効果的な治療方法」をまとめています。

頭頂部の薄毛
「気がついたら頭のてっぺんの毛の密度が薄くなっていた」

「ハゲが目立つのであまり下を向きたくない」

「電車で座るとバレるのでなるべく立っている」

頭頂部の髪の毛が薄くなってくると日々のストレスも増えてきます。

なんとか改善をしてストレスを感じていなかった頃を取り戻したい!そう思う人も少なくないでしょう。

現代は、薄毛もその原因に合わせた対策をおこなえばちゃんと改善ができようになりました。

ですので、まず自分の薄毛の原因をしっかりと認識し、それにあった対処をすることが大切です。

頭頂部が薄くなる原因は大きく分けて2つ

原因
頭頂部が薄くなる原因は大きく分けて2つあります。

それは、
1、AGA(男性型脱毛症)によるもの

2、加齢による頭皮の毛穴の縮小や消滅

この2つのどちらかです。

POINT

20代や30代くらいで若くして頭頂部が薄くなってきた場合は、AGA(男性型脱毛症)が原因の可能性が高いと言われます。

40代50代以降で頭頂部が薄くなった場合の多くはAGA(男性型脱毛症)の場合もありますが、それよりも加齢による頭皮の毛穴の縮小や消滅が原因の場合が多くなります。

AGA(男性型脱毛症)というのは、男性ホルモンであるテストステロンが5-aリダクターゼという酵素と結びつくことで、抜け毛を誘発する強力な男性ホルモンのジヒドロテストロン(DHT)を生み出します。

ジヒドロテストロン(DHT)は抜け毛の他にも精力の減退や前立腺の肥大などの原因にもなる物質です。

なぜこのような症状が起こるのかというとほとんどが遺伝や体質によるものです。

AGA(男性型脱毛症)の対策としては抜け毛の原因になるジヒドロテストロンを作らせないようにすることがとても効果的です。

AGA(男性型脱毛症)に有効な治療法

現在、AGA(男性型脱毛症)に有効な治療法は2つあります。

1つ目のAGAに有効な治療法としては、育毛剤があります。
育毛剤
これは、どの育毛剤でもよいわけではありません。

AGAの原因であるジヒドロテストロンをつくる5aリダクターゼの働きを抑える成分が配合されている育毛剤である必要があります。

自宅で毎日朝と夜の1日2回塗布しながら頭皮マッサージをすることで徐々に薄毛を改善することができます。

中には毎日マッサージが続けられずに途中でやめてしまう人も多いようです。毎日サボらず継続的におこなうことが重要です。

個人差がありますが、こちらは効果を実感するにはおおよそ4ヶ月〜でしょう。

ジヒドロテストロンをつくる5aリダクターゼの働きを77%抑える成分が配合されている育毛剤はこちら


もう1つは病院(AGAクリニック)で男性型脱毛症(AGA)の治療薬を処方してもらう方法です。

クリニック

まず、自分の薄毛の原因が何なのかを検査します。検査の結果で自分の薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)だということがわかったら、ミノキシジルやプロペシアなどの治療薬の中からどれが最適かを医師が決定し、投薬などの治療を開始していきます。

改善が見られるまではおおよそ半年から2年程度かかる場合が大半です。

AGA薬は医療用薬品ですので、基本的に医師に診察してもらい処方せんを出してもらわないと入手できません。

またAGA治療は保険がきかないので全額自己負担になります。

診察料と薬代を合わせるとクリニックや薬の種類にもよりますがおおよそ月に1万円くらいでしょう。

通院は、月に1度から数ヶ月に1度で症状の経過を確認します。

治療を止めると再び髪が抜け始めてしまうので、1度始めたら生涯続ける覚悟も必要です。

※女性はプロペシアを処方できません。

ネットで予約ができ診察までをスムーズにしたいならこちらがオススメ
【全国46カ所あるAGAスキンクリニック公式サイト】



頭頂部の薄毛の原因その2-加齢による頭皮の毛穴の縮小や消滅

つい最近までは、薄毛の原因は上記のような男性ホルモンの影響がもっとも大きな原因だと思われていましたが、2016年の東京医科歯科大学の研究グループが男性ホルモンが原因ではない薄毛のメカニズムもあるということを突き止め発表しました。

東京医科歯科大学の研究グループの発表の動画はこちら

それは、頭頂部の薄毛の大きな原因は加齢にともない頭皮のコラーゲンが少なくなることで毛を生やす器官である毛包が小さくなり、そして毛包がうまく働らくなることで髪が抜け薄毛になるという仕組みです。

毛を作る細胞である毛包幹細胞は、コラーゲンに保護されています。

この細胞は若いうちは、自らの力で修復することができますが、加齢とともに修復できなくなり徐々に毛穴が小さくなり、最後には毛穴すらなくなってしまいます。

毛穴が完全になくなるともうどうやっても毛を生やすことができなくなってしまうのです。

加齢による頭皮の毛穴の縮小や消滅の対策としては頭皮が加齢で衰え、毛穴がなくなったり小さくなる前に、毎日頭皮に良い栄養を与えながら頭皮マッサージをして血行を良くしておくことです。

これも育毛剤の使用することが効果的です。

育毛剤に配合されていると良い成分は以下のようなものです。

育毛成分 効能・働き
センブリエキス 血行促進、抗酸化作用、保湿作用。
グリチルリチン酸ジカリウム 皮脂の過剰分泌の抑制。
ジフェンヒドラミンHC 頭皮の血行促進や抗炎症効果。
大豆エキス 女性ホルモン様作用で発毛促進効果、アンチエイジング効果。
→これらの成分がすべて配合されている育毛剤を見る


10代で薄毛になる3つの原因と効果的な治療法

20代30代で薄毛になる3つの原因と効果的な治療法

40代50代で薄毛になる2つの原因と効果的な治療法

最髪の毛を増やす方法はこちら

女性特有の薄毛の原因と治療法

育毛剤は他のものと併用してもよい?

発毛剤と育毛剤の違いとは

薄毛の種類別のおすすめ育毛剤はどれ?