髪の毛を増やす

フケや頭皮の臭いの対処法

フケ

フケの正体とその原因

頭皮の表面に近い部分(表皮)は平均すると28の層でできており、最下層部の基底細胞が 毎日分裂し、新しい層が作られます。

各層は毎日順々に頭皮表面へと押し上げられ、 徐々に角質化(細胞が死んでゆく)してゆきます。

角化細胞(角質化した細胞)は 生きている細胞に比べ非常に硬く、様々な刺激から体を保護する大切な役割を持っていますが、この角質化した古い細胞が頭皮から剥がれ落ちたものがフケの正体です。

フケの種類

フケには大きく分けると、乾性のフケと脂性(湿性)のものがあります。

基本的に頭皮の 状態・性質と同一のものが発生します。

頭皮は頭皮表面の脂肪膜(皮脂と汗の混ざり合ったもの)の厚さによって、乾燥肌(ドライスキン)、脂性肌(オイリースキン)と普通肌(ノーマルスキン) に分類されます。

皮脂量が多く脂肪膜が厚くなると脂性に、逆に皮脂量が少ないと乾燥肌となりますが、頭皮の状態は、季節や湿度、さらには年令や食事・体調によっても変動します。

同じ人間であっても 冬は乾性のフケが、夏は脂性のフケが出やすくなったりします。  

 

フケと脱毛の関係

あまりにフケが目立つ場合、それはフケ症と呼ばれ特にカユミが伴う場合には、掻くことにより極度に頭皮環境を悪化させ抜け毛の原因になることがあります。

通常新しい細胞がフケとなって剥がれるまでの期間は約28日ですが、ホルモンの分泌や栄養バランスの異常、マラセチアの繁殖によってこの期間が短くなることでフケの量が増大します。

フケが急に増え始めるのは、頭皮が健康な状態にないことの表れでもあるため、抜け毛の前兆とも言われているので注意が必要です。


フケの改善法

シャンプーや育毛剤の多くには、フケを予防したり皮脂を取り除く作用を持つ成分を含むものがありますが、フケのタイプによっては適切な処置をしないと逆効果になります。

脂っぽい湿ったフケ(簡単に落ちずに指につくようなフケ)の場合はフケが毛穴に残ることで発毛を阻害することになります。

また、フケが微生物のえさになり炎症を起こし脂漏性脱毛症になる危険性もあります。

このタイプはとにかく毎日シャンプーを欠かさずにおこないましょう。

皮脂や雑菌をきちんと 落とすために、頭皮クレンジングの使用も効果的です。

正しいシャンプーのやり方

正しいトリートメントのやり方

乾燥した、パサパサしたフケは、シャンプーの回数が多すぎたり、洗浄力の強すぎるシャンプーを使い続け本来剥がれる前の頭皮まで落としてしまうことで起こります。

乾燥したフケが多くなると 毛穴が炎症を起こしてしまい、粃糠(ひこう)性脱毛症になる危険性があり、このタイプの場合はシャンプーの種類を変えるだけで改善することも多いようです。

まず洗浄力の強いシャンプーは使わない事が大事で、皮脂を取りすぎないよう刺激の少ない無添加アミノ酸シャンプーを使うようにしましょう。そして、すすぎはぬる目ののお湯ですることが効果的です。

男性用の無添加アミノ酸シャンプー

女性用の無添加アミノ酸シャンプー

頭皮の臭いの原因と対処方法

頭皮の臭い

頭皮の臭いを防ぐためには、やはり洗髪が大切です。

髪を洗わないでいると、髪の毛自体に臭いがついたり、毛穴に皮脂が詰まることで臭いの原因になります。

洗髪の際は、頭皮を指の腹で丁寧にマッサージするようなつもりで洗いましょう。

シャンプーは刺激の少ないマイルドなものを使い、頭皮にシャンプーやトリートメント・リンス剤が残ることのないよう十分に洗い流してください。洗い残しがあるとそれが毛穴につまり皮脂が過剰に分泌され臭いの原因になります。

また髪の毛は濡れたままにしておくと、空気中のホコリなどが付着しやすく臭いが発生する原因となります。

頭皮が濡れていると雑菌も発生しやすくなるので、洗髪後はきちんと乾かしましょう。


矢じるし育毛剤ランキング市販はこちら

矢じるし女性特有の薄毛の原因とは

矢じるし 絶対に生える育毛剤はある?

矢じるし最も効果的な髪の毛を増やす方法5つ