髪の毛を増やす

頭皮にも雑菌やダニがいる

ダニ

頭皮の雑菌

あなたの皮膚や頭皮にも雑菌やダニはいます。

皮膚には、雑菌類の一種であるマラセチュアや皮膚ブドウ球菌、アクネ桿菌 など約20~30種類の「皮膚常在菌」がいます。

この皮膚常在菌は皮脂成分や古くなって剥がれ落ちた皮膚片・汗などを栄養として脂肪酸を造り、保湿成分の生産や紫外線皮膚透過の抑制、活性酸素を分解する物質の生産などをおこなっています。

1c㎡当たり数十万から数百万個も生息し、皮膚細胞の生命活動と密接に関わりながら一定のバランスを保っています。

また雑菌・病原菌の定着侵入を抑制するバイオフィルムの役割を持っています。

(近年抗菌加工された製品の使用や過剰なまでの清潔志向の結果、皮膚常在菌の減少による細菌に対する抵抗力の低下が心配されています。)

そして、頭皮の脂やフケなどをエサに増殖し、毛髪の成長サイクルを乱す働きをし、それが抜け毛や薄毛の原因の一つとなることもあります。

しかも同じ皮膚でも頭皮には髪の毛がある関係でちょうど密林のような状態なのでほかの部位よりたくさんの皮膚常在菌が存在しています。

人間の腸内には無数の細菌が存在しています。

細菌には善玉菌と悪玉菌があり、そのバランスをうまく調整することによって健康な腸内環境を維持することが出来ます。

医学的にも腸内の善玉菌を増やす療法がかなり注目されています。

頭皮をはじめ皮膚の表面も腸と同じで皮膚常在菌が無数に存在しており、この善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れることでトラブルが起こります。

善玉菌は保湿成分の生産、紫外線によるシミ・ソバカスの抑制、活性酸素を分解する物質の生産などを行っています。

また雑菌、病原菌をはねのけ、アレルゲンやダニが皮膚から侵入しないようにしています。

善玉菌が減少し悪玉菌が増殖すると皮膚の表面の角質細胞にダメージを与え、乾燥肌、敏感肌、アトピー性皮膚炎などの肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

このような肌トラブルをおこさないためにも、善玉菌が十分に育成しやすい環境を作り、菌のバランスを整えることが大切です。


皮膚常在菌は髪にも重要

この皮膚常在菌はもちろん頭皮にも顔の皮膚と同様に一定のバランスを保ちながら特に大量に生息しています。

皮膚分泌するリパーゼ(酵素)によって作られる脂肪酸は、頭皮細胞と毛母細胞の発育に関係しています。

そこで、頭皮の新陳代謝を高め適度な皮脂量を保つ皮膚常在菌のバランスを考えたスキャルプケアが頭皮の健康にとって重要なポイントになります。

そのなかで、皮膚常在菌の一種でカビの仲間である皮膚常在真菌(マラセチア・フルフル)がフケの増加に関係があると言われています。

マラセチアは皮脂が多いと繁殖し、頭皮に刺激を与えることで新陳代謝を活発にします。
通常のサイクル以上の速さで新陳代謝が進むとフケが大量に発生することになります。

この真菌(カビ)は女性より男性に多く見られ、特に皮脂分泌の多い20代・30代に多いと言われています。


毛穴の入口付近に棲んでいるアクネ桿菌。

通常は肌を弱酸性に保つために働く良い細菌です。
それだけに、アクネ桿菌は誰の毛穴にもいます。問題はその増殖率なのです。
皮膚ダニもアクネ桿菌同様、誰の毛穴にもわずかに棲息する微生物です。

しかし、毛穴に溜まった角栓が多いとダニなどがそれを食べ、毛穴の入口付近で異常増殖してしまうのです。

たった1つの毛穴から見つかったということは、少なくともその数十倍増殖している可能性が高いのです。

毛髪トラブルの原因で男性ホルモンの働きによって増加した皮脂の分泌量がアクネ桿菌を異常増殖させたことも関係していることがあります。

正常でも少数の菌はいますが、ある程度以下の数以下に抑えられており悪さは起こしません。それが免疫力の低下やアトピー、環境的な問題により菌が繁殖する条件がそろうと異常繁殖してしまい、それが原因となって病気になることがあります。

まず皮膚を清潔に保つことが大切で、シャンプーで汚れと菌を洗い落とし、頭皮を保湿させることが重要です。


矢じるし女性特有の薄毛の原因と育毛法

矢じるしおでこの生え際から薄くなる薄毛の効果的な治療法はこちら

矢じるし頭頂部・つむじの薄毛の治療法まとめはこちら

矢じるし最も効果的な髪の毛を増やす方法5つ