店舗デザインとはどのようなものか

効果的な集客を得るために店舗デザイン

効果的な集客を得るために店舗デザイン / 周辺環境や立地もポイント / 業態によってカラーを使いわける

お店を開業するにあたっていくつか必要なことがあります。
もちろんお金がなければ何も始められないことから資金は重要ですが、そのほかにも店舗をどこに借りるのか、或いは購入するのか、店舗デザインはどうするのか、また必要な什器は何かなど、お店の業態によって考える必要が出てきます。
その中で素人にはイメージがしづらい「店舗デザイン」についてご紹介します。
店舗デザインの歴史をひも解くと、19世紀後半のイギリスからデザインの文化は始まったようです。
その頃に起きた産業革命も影響しているでしょう。
その後に1900年代にドイツで建築の家を意味する「バウハウス」が設立され、イギリスだけではなくドイツにも普及していったことがわかります。
では、日本に「店舗デザイン」というものが定着したのはいつなのかというと、イギリスやドイツよりもかなり遅く、1960年代の後半になってからそれが認知されるようになりました。
つまりそれまでの日本は内装デザインや外観にこだわるという意識が認知されていなかっということになります。
ではなぜ店舗デザインが意識されるようになり、行うようになったのかというと「効果的な集客が得られる」からです。
好きなものをオーナーが端から集めてコンセプトがバラバラな店舗よりも、デザインの統一化を図ってまとまったコンセプトで構成されている店舗のほうが売り上げは高いとされています。