髪の毛を増やす

40代50代男性が薄毛になる2つの原因と改善法

40代の薄毛

「若い頃は気にならなかったのに、近ごろ抜け毛が増えて薄毛が気になるようになってきた。」

「できればハゲたくない!ハゲるのは避けたい」

「いつまでも若くカッコよくいたい!」


こういった悩みを抱えるようになってはいませんか?

人間誰しも年齢を重ねるにつれて体の内側も外側も徐々に老いが現れてきます。 年齢とともに髪の毛が徐々に薄くなるというのは、確かに自然な老化現象とも言えます。

中には年なんだから髪が薄くなっていくのも仕方がないと諦めている人もいるかもしれません。

しかし、現在は薄毛の原因と効果的な治療方法もかなり解明されてきていますので、しっかりと正しい対処をすれば改善することができます。

育毛対策というのは早い段階で対処を始めたほうが改善のスピードや確率も確実に高まりますので、すぐに始めることをお勧めします。


→女性特有の薄毛の原因と効果的な対策はこちら


40代・50代になってからの男性の薄毛の原因

40代、または50代の男性の薄毛というのは原因は同じで大きく分けて次の2つです。

それぞれにあった対策がありますのでそれを以下で説明をしていきます。


1.AGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛

AGA

AGA(男性型脱毛症)というのは男性ホルモンの分泌が原因で起こる薄毛のことです。

 AGAはこういう仕組み 

男性ホルモンのテストステロンが5-aリダクターゼという酵素と結びつくと、抜け毛を誘発する強力な男性ホルモンのジヒドロテストロン(DHT)を生み出すことで抜け毛になります。

言葉だけで理解しようとしてもなかなか難しいですが、なぜこのような症状が起こるのかというとズバリ遺伝や体質、男性ホルモンによるものです。

根本的なDNAや体質を変えることはできませんが、しっかりと治療法もあります。それはジヒドロテストロン(DHT)が薄毛の原因なので、それを抑制するということです。

ハゲ方として、おデコの生え際から徐々に後退していくタイプや頭頂部のつむじあたりからどんどん抜けていくタイプがありますが、このどちらもAGAです。


AGAに有効な治療法は2つ

現在、AGA(男性型脱毛症)に有効な治療法は次の2つがあります。

AGA

その1、育毛剤で薄毛を改善する

育毛剤
1つ目のAGAに有効な治療法としては、育毛剤があります。

医師

ただし、これはどの育毛剤でもよいわけではありません。
AGAの原因であるジヒドロテストロンをつくる5aリダクターゼの働きを抑える成分が配合されている育毛剤である必要があります。

それを自宅で毎日朝と夜の1日2回塗布しながら頭皮マッサージをすることで徐々に薄毛を改善することができます。

夜は入浴の後につけるようにします。入浴後は毛穴の汚れがしっかり落ち、頭皮が温まり毛穴が開いた状態なので育毛剤の栄養がしっかり浸透します。

中には毎日の頭皮マッサージが続けられずに途中でやめてしまう人も多いようです。毎日サボらず継続的におこなうことが重要です。個人差がありますが、効果を実感するにはおおよそ4ヶ月は必要となります。


5aリダクターゼの働きを抑える成分が配合されている育毛剤はこちら


その2、病院で薄毛を改善する

2つめは、専門の病院(AGAクリニック)で男AGAの治療を処方してもらう方法です。

AGAクリニック

今はテレビCMでも「薄毛はAGAクリニックで相談しよう!」みたいな映像が頻繁に流れていますが、まさにこのことです。

治療の流れとしては、まずAGAクリニックへ行き、薄毛の原因がAGAによるものか違うのかを診察と血液検査などで検査します。(AGAクリニックはほぼ完全予約制です。)

AGAクリニックでは、プロペシア、プロペシアジェネリック、ミノキシジル、ミノキシジルタブレット、ロゲインなど医療用医薬品の中から自分の薄毛に合ったものを医師が処方してくれるので、自己判断の育毛対策より生える確率は確実に上がるでしょう。

AGAの治療薬は医療用薬品なので医師の診察と処方箋が必要です。

薄毛の改善が見られるまでは個人差が大きいですが、おおよそ半年から2年の継続治療で8割ほどの人は効果が実感できています。


 AGAの費用とリスク 

AGAの治療は、保険が適用されないため全額自己負担となります。
金額は場所によって異なりますが、おおよそ月に1万円〜1万5千円ほど(診察&治療薬代)です。

全国に46院|CMでもおなじみ【AGAスキンクリニック公式サイト】はこちら

ハゲを治す方法のまとめ|薄毛克服の完全網羅はこちら


2.頭皮の老化が原因の薄毛とその治療法

40代50代の薄毛の原因のもうひとつは、加齢によるコラーゲンの減少による頭皮の老化と血行不良です。

老化

年齢を重ねると頭皮に含まれているコラーゲンの量が減り髪の毛を生やす役割である毛包が縮小します。そして毛包がきちんと機能しなくなり抜け毛になります。

そのまま進行すると毛穴がどんどん小さくなり、最終的には毛穴がなくなってしまいます。
1度毛穴が消滅してしまうと、もう毛は2度と生えてこなくなります。

年齢を重ねて頭がツルツルになっている人は、もう毛穴が完全になくなってしまったのです。

医師

加齢による頭皮の毛穴の縮小の対策としては、頭皮の老化を抑え毛穴がなくなったり小さくなる前にできるだけ早く対策しなくてはいけません。
毎日育毛剤で頭皮に栄養を与えながら頭皮マッサージをして血行を良くしておくことが重要です。

血液は生物にとって重要な栄養ですから、血行不良ということは栄養が届いていないということです。
しっかり栄養が巡るようにしてあげることで頭皮の老化防止になります。


POINT

数あるたくさんの育毛剤の中から、なんとなく金額や広告の雰囲気で選んでも効果は見込めません。

育毛剤はしっかり自分の薄毛のタイプに合わせて選ぶようにしましょう。そうすることで効果が格段に上がります。

薄毛のタイプUO型
→U型・O型の薄毛に効く育毛剤はこちら

薄毛のタイプM型
→M型の薄毛に効く育毛剤はこちら


男性更年期と薄毛は関係ない?

更年期

40代、50代になると男性更年期障害で抜け毛が増える?ということを耳にしたことがあるかもしれません。

男性の更年期も薄毛もどちらも男性ホルモンが大きく関係しています。ですが、男性更年期と薄毛はほとんど関係がありません。

どういうことかというと、更年期も薄毛とでは原因の男性ホルモンの種類が違うのです。

更年期障害の原因の男性ホルモンは、テストステロンの減少によるもので、薄毛の原因の男性ホルモンはジヒドロテストロンの分泌によるものだからです。

更年期に入り男性も体にさまざまな症状が出てきます。それは、男性ホルモンであるテストステロンの量の減少によるものです。

テストステロンは、男性らしさの象徴のようなホルモンで、テストステロンが減ると筋肉量の低下、倦怠感、無気力、うつ症状、イライラ、集中力の低下、生殖機能の減退、睡眠障害などが起こります。

テストステロンの量を増やすには、日常的な筋トレが効果的です。筋肉量が増えることでテストステロン量が増加し上記のような症状にもなりにくいとされます。

ジヒドロテストロンは男性の薄毛の原因にはなりますが、更年期障害にはあまり影響しません。


おでこの生え際から薄くなる薄毛の効果的な治療法はこちら

頭頂部・つむじの薄毛の治療法まとめはこちら

しっかりと髪の毛を維持していつまでも若々しく!

バーコードハゲ
若い頃に体力もあり、やる気も自信も満々でバリバリ働いてきた人ほど年を重ね衰えてきた自分に直面するとショックを受け自信を喪失しがちです。

とくに頭がハゲて髪の毛が減ってくるとその見た目も一気に更けてしまい、どんどん若かれし頃の面影も薄れていってしまいます。

やはり、自信というのはいくつになっても生きる活力にとって重要なものです。

まだ自分は若いし、外見だって他の同世代よりイケているという意識が細胞を活性させいつまでも若くいられる原因にもなります。

逆に自信をなくし活力もなくなってしまうと一気に老けていき、健康すら害することにも繋がっていきます。

自信はガソリンのようなものです。意識というのは人間にとって非常に重要なものです。
ハゲたくないという意識がある人が、今後もしハゲてしまうと自信を失ってしまう可能性大と言えます。

毛穴が消滅して手遅れになる前に育毛対策をおこないいつまでも若くいられる努力をしましょう。

髪を維持

髪の毛を増やす方5つの方法

自毛植毛の費用は?おすすめはどこ?

東京医科歯科大学の研究グループの薄毛の原因に関する発表の動画はこちら

秋の抜け毛を減らす4つの方法はこちら

発毛剤と育毛剤の違いとは

自毛植毛の国内シェア60%以上でNo,1【アイランドタワークリニック】はこちら